新築をお考えの方

新築をお考えの方

~想いをつなぐ住まいをカタチに~ モリケンの家づくりが追及し続けてきたこと、
それは「お客様の笑顔の創造」。

思い描いた家で、そして安心・安全な家で暮らしていただけるよう
お客様のご要望に寄り添った家づくりを実現していきます。

モリケンが建てる家

Point01
自然エネルギーを最大限活用した
「パッシブデザイン」
「バッシブデザイン」とは、自然のものを家づくりに取り入れて建物の性能をより高めることです。
自然のものというのは太陽の光、風、熱などを言います。夏の暑い日に冷房を極力使わず自然による風で涼しさを生み出す。冬の寒い日に太陽光の光を最大限活用し心地良い暖かさを感じる。
このような自然による温度調節は冷暖房機を使用するのに比べ格段に健康的かつ省エネです。
今では家電に頼るのが当たり前になっていますが、弊社の「バッシブデザイン」では建物のあり方、設計を1から考え、より自然を活かす新築づくりを追求しています。

01
日射遮蔽

「バッシブデザイン」は日射遮蔽の効果を持ちます。日射遮蔽とは夏を涼しく暮らすために窓から入る日射を防ぐことです。
新築を設計するときに光の入る角度と時間に基づいて設計することで夏に涼しい環境づくりが可能になります。さらには、屋根や外壁を日射をはじきやすいものにすることでより効果が促進します。

02
日射熱利用暖房

「バッシブデザイン」は設備や建材に頼らず、太陽の光、風、熱を制御して室内環境を快適に保つ効果があります。
日射熱の利用は、窓や天窓の位置を光の入りやすい位置、角度に設計し照明を極力使用しないつくりにします。夏場は風を通し、冬は風を遮断するための風の通り道を計算します。冬場は太陽熱を取り入れて昼間、夜間共に熱を蓄えることができる効果期待できます。

03
自然風利用

「バッシブデザイン」では自然を最大限利用した夏に涼しい家づくりを目指します。風が身体にあたると涼しいと感じられます。風向きと、窓の出入り口を意識した家づくりにより、冷房に頼らない自然風を利用した涼しさを感じることができます。
また、風が必要ないと感じたときには、窓を閉めることで自然風を抑えることができます。

04
昼光利用

「昼光利用」とは太陽光の光で部屋を照らすというものです。昼間は太陽光の光のみで明るくなりますので照明は必要ありません。導光手法としては窓を複数設置する必要があります。吹き抜けもこれにあたります。吹き抜けのメリットは2階から1階へ昼光利用が直接にできることです。また家自体が広く感じられる効果もあります。

05
断熱

「バッシブデザイン」の効果の1つに断熱があります。断熱性効果のメリットは、少ない暖房で部屋全体が暖まるというものです。
断熱性が高まると、暖房していない部屋から逃げていく熱が減ることで、暖房していない部屋の温度が高く保たれます。
暖房の長時間使用を避け健康的かつ省エネな生活を送ることができます。

Point02
強度に優れ、美しさも兼ね備えた
木材にこだわっています

家づくりを行う際、肝となるのは木の素材選びです。

弊社が扱っている木は家づくりにおいて最適な素材のものを使用しております。素材だけでなく、木の香り、手触り、木目の形にもこだわって使用する材料を決めております。
その他にも木には調湿機能や衝撃緩和作用があり重要な役目を果たします。
新築完成後には、弊社が厳選して選んだ木質の心地良さを肌で体感することができます。

「バッシブデザイン」は機械や設備に頼らずに、自然エネルギーを最大限に生かした家づくりです。
そのため木質はより自然に近いものを選択するようにし、過度な加工はしておりません。また身体に害を及ぼす有機物も一切控えております。

お家にいても自然の風を感じ、常に心地良い空気を体感できるのは「バッシブデザイン」だからこそ実現できるものです。
ぜひご自身で体感してみてください。

Point03
地域密着、末永いお付き合いで
安心のアフターメンテナンス

弊社の仕事は新築を建てて終わりではありません。

建築工事完了後もお客様に快適な暮らしをしていただけるようにアフターメンテナンス、アフターサービスに努めます。特に新築を建てて間もない時期は相談や追加のご要望が多くなります。どんな些細なことでも構いません。何なりとお気軽にご連絡ください。

新築の豆知識
新築の建物内は湿気が多く、通常時よりもカビなどが発生しやすい状態です。私たちも湿気に強い建物作りに励んでいますが、それに加え、新築のうちはお客様自身で定期的に窓を開け喚起することをお勧めいたします。

pegetop
Copyright© 株式会社モリケン All Rights Reserved.